ダンボール・プチプチ・ガムテープ

引越しするまでの一週間は、自分の持ち物と真剣に向き合えるチャンスです。
「心機一転」という心持にもなるので、新居に持っていくのか迷う物は捨てた方が無難です。

 

捨てるのが勿体無いとは多少は思いながらも、案外気楽に取捨選択出来るものです。
本当に必要なのもだけをピックアップして、売れる物は売り飛ばしましょう。

 

ダンボール

引越に使う段ボールについて書いてみたいと思います。

 

まず近場のスーパーかコンビニ、ドラッグストア等でダンボールを貰いましょう。
お菓子やお酒のダンボールが山ほどあります。

 

単に「ください」と言っても滅多に断られないです。
向こう側も捨てるだけのものですからね。

 

ダンボールは何個でも貰えますので、購入する必要はありません。

 

業者から貰えるのが普通

最近は、必要な数(もしくはそれ以上)の段ボールを、引越し業者からもらうことができます。

 

その際可能であれば

の段ボールをお願いするのがよいと思います。

 

小さい段ボールがありますと書籍を入れるのに大変重宝します。
もし業者からサイズの違う段ボールを用意するのは無理だといわれたら、上記に書いたように近所のスーパーに行き手頃な箱をもらってくるのも良いでしょう。

 

新居のどこにどの段ボールを運んでもらうか、引越業者に予め渡しておきますと大変スムーズに事が運びます。

 

その段ボールの運び方ですが、ただ「居間」とだけ業者に伝えますと、それこそ居間の入り口や奥の方に固めて置かれてしまう可能性もあります。

 

居間の中を重い書籍の段ボールを持って運ぶのも思った以上に大変な作業です。
ですので、例えば本棚の位置をきちんと決めておき、その本棚の前に書籍の段ボールを置いてもらうことが大切です。

 

小さなことのようですが、ただでさえ引越は体力もエネルギーも使うものですから、少しでも価値的に動く必要があると思うのです。

 

ガムテープ

後は梱包し終わったダンボールを止めるガムテープ。
これも100均でついでに買っておきましょう。荷物をまとめるのはこの2点、合計210円で済みます。

 

ガムテープ

 

紐が必要な場合でもガムテープで代用出来ます。

 

プチプチ

そして100均でプチプチを買います。
割れ物系、傷を付けたくない物はこのプチプチで綺麗に梱包しましょう。
100均とは言え、プチプチの量はかなり多いです。


価格ガイドハトのマークの引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス