意外と大切な当日の朝の準備

引越しの当日に起こりうることを予想して、事前に対処しておくことも引越しを上手に乗り切るコツだと思います。

 

当日の朝にすること

前日までに全ての荷物が片付いたように思いがちですが、当日の朝までは普通に生活をしているので、まだまだ色々なモノが残っている状態です。

 

引越し屋さんが来るまでの短時間に、効率よく片づけられるようにチェックリストを作ってみました。

 

(1)寝具類

業者さんから布団袋をいただけるのでそこへ寝具類をすべて入れます。

 

布団はどうするの?

 

(2)洗濯物

いつものように洗濯かごや洗濯機の中に入れっぱなしだと引越し業者が困りますので、家族分の洗濯物を入れられる大きな袋やスポーツバックを準備すると便利です。

 

(3)冷蔵庫

中は空にして電源を抜いておかないといけません。食料品は前日までに全て食べるか処分です。
でも冷蔵庫の調味料類は処分せずに持っていきたいですよね。

 

引越す距離にもよりますが、夏に使う「保冷バック」をお持ちなら、事前にたくさん凍らせておいた保冷剤を入れて携帯冷蔵庫として使用できます。

 

半日ぐらいなら冷たいまま持ち運びができるので便利です。
冷凍庫のものは保存が難しいので、全て処分しました。

 

(4)ごみ

引越す日に収集があれば出せますが、収集日でない場合ごみは置いていけないので注意が必要です。

 

(5)カーテン

これは一番最後にはずして段ボールに入れて運んでもらえます。

 

気をつけることは、新居に行って最初に必要になるので、段ボールには大きく赤色で「カーテン」と記入しておくと、大量の箱の中から見つけやすいです。

 

引越し業者へ指示すること

荷物の運び出しは、本当に気持ちがいいくらい手際よく行われていきます。
でも、新居への家具の設置、荷物の運び入れは、当然ですがこちらの指示がないと全く動きません。

 

一番最初の引越しでは、業者に詳しい設置場所や搬入について伝えていなかったので、業者の担当者の方が困り果てて、「玄関にいて、指示を出して下さい」と言われ、身動きが取れませんでした。

 

では、どうしたら業者さんが困らずにスムーズに搬入ができるのか?

 

その答えは、「ハトのマークの引越センター」さんのHPにありました。
「新居の家具レイアウト」
新居の間取り図を方眼紙などに大きく書き、寸法通りに家具の配置を書き込むこと

 

これを作るため、新居の見学に行った際間取り図を描くためにしっかり寸法を測っておきました。
時間のあるうちに家具の寸法を測り、各部屋の家具の配置を書き込んだ「我が家の家具レイアウト図」を作りました。

 

当日の時間を少しでも有効に使うために、これは本当にやっておいたほうがいいと思います。


価格ガイドハトのマークの引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス