前日のラストスパートでしたこと

引越し前日を迎え、いよいよ荷造りも佳境に入ってきました。

 

引越し日が近づいてドタバタしないように、しっかり準備したはずだったのですが、やっぱり結局ドタバタな前日になってしまいました。

 

荷造り

最後まで残していた荷物をとにかく詰め込みまくりました。
箱詰めして、段ボールに入れたものと運ぶ場所を書くことを忘れずに!

 

箱を積み上げ、荷物が空いた所を掃除する。これのくり返しです。

 

キッチンや洗面台等の中身はどんどんとスッキリしていく反面、積み上げられていく段ボールで部屋中が埋まっていきました。

 

荷造りを進めていくうちに、もっと早くに箱詰めを出来たものも多数あったので、後悔と反省の中で作業を続けました。

 

掃除の時間

荷造り中に、一番大変で時間がかかったのは掃除でした。
賃貸のため、引越し当日に退去即鍵を返還することになっていたので後で掃除に来ることが出来なかったからです。

 

当然、先にできることはやっておいたつもりだったのですが、やり残した部分も多くあり、荷造りをストップさせてひたすら掃除しました。
今回は2年余りしか住んでいませんが、日々の生活の汚れは思わぬものでした。

 

食事のこと

冷蔵庫の中身も処分したためほとんど何もありません。
夕食は外食かお弁当で済ませることにしました。

 

忘れていけないのは、引越し当日の朝食です。
飲み物すら用意できない当日の朝なので、買い忘れのないように準備しました。

 

現金の用意

食事の買い物に行った際に少し多めの現金を下ろしておきました。
当日は不意に現金が必要な場面が出てきます。

 

以前の引越しでは、ガス会社の立会開栓の時に、預託金のような名目で数千円ほど支払ったこともあります。
どんな出費にも対応できる金額は準備しておいて良かったと思いました。

 

子供の転校手続き

子供の転校の書類は、最後の登校日、引越し前日に取りに行きました。
子供が学校で使っている用具類は一度には持ち切れない量だったので、それも一緒に持ち帰りました。

 

親の都合とはいえ、この日でクラスでお別れをしなければいけない子供の気持ちを初めて実感し、本当に切なくなりました。

 

ラストスパート!

夜になり、テレビ以外の電化製品の片づけも始めました。
その際、引越し先ですぐ使えるようにするために、アダプターや部品類はジッパー付ビニル袋に入れて、その家電にビニルテープで貼り付けておきました。

 

延長コード・アダプターなど小さいコードや工具類も、一つの箱に全てまとめて「コード・部品工具」と大きく書いておきました。

 

深夜になり、ざっと部屋中を見まわし、寝室以外は段ボールが山積みになっている様子を確認してもまだまだ不安でしたが、引越し当日の成功を祈りつつ前日を終えました。

 

当日の話はトップページをご覧ください!


価格ガイドハトのマークの引越センターが最大 半額!

現住所の郵便番号 - 郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ 単身 家族 オフィス